西湖はいいですなー(2010.04.23 杭州)

鄭州から寝台列車に乗ること16時間、杭州にやってきましたー。
やっほー。

鄭州では友との再会を果たし、
翌日には少林寺を見に行く予定でしたが、
彼女が体調不良になり断念。

そのまま杭州へ来ることにしました。

今は彼女は元気なのですが、
今度は僕がこの旅初のお腹グルグル状態になってしまいましたー。

あー、グルグル。

さて、杭州。
写真からも見てわかるように「西湖」という、いい感じの湖があります。
杭州は西湖を囲うように街が発展しています。
フェラーリとかポルシェとかのディーラーなんかもありました。
エルメスとか、なんとかっていうブランド店街なんかもありました。

かなり都会!そして暮らしにゆとりが感じられます。

なにやら「みなとみらい」のような、
「湖のほとりで、オシャレなカフェに入ってまったり過ごす」のような
文化が存在しています。

そして、この旅初めての出来事として、横断歩道を渡ろうとしたら
バスが止まってくれたという出来事がありました。
(基本的に中国は歩行者よりも車優先、次に自転車、最後に歩行者 
※法律上は歩行者優先らしい)

奇跡!
さすが東側!
上海まで1時間半なだけあります。
この地域は英語が通じる割合も、格段に上がっています。

さて、西湖ですが、これまたゆとりが感じられます。
散歩をしたくなります。

左を見れば湖、右を見れば芝生があります。

中国には山とか植物園などの特定の場所にしか、
緑があまりないというイメージがありましたが、

ここには中国の都心部における5パーセントくらいの緑が
集結しているのではないかと思わせるような緑がありました。

そして、レイクサイド文化が発展しています。
こんなふうに湖のほとりで、お茶をしたり、食事したりしています。

なにやらたくさんグループを作って、
真剣にトランプをやったり
(大貧民に似ている、トランプを3組くらい使う)

麻雀なんかもやっています。
青空麻雀、いいですねー。

牌はほとんど日本のものと同じでしたが、
役を作らずに早く上がったもの勝ちみたいなルールでした。

1ゲームが終わると、
上がった人にみんなトランプのカード1枚を渡していました。

どこかで金券になるのかな?

最後におまけ!
中国でも人気があるようで、
街でいろいろなキャラクターグッズをよく見かけます。

合法かは知らないけど。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です