青蔵鉄道でラサへ(2010.05.26 ラサ)

青蔵鉄道(通称チベット鉄道)で、ラサへ向かいました!
はい、はくしゅー。パチパチパチ。

ついにチベットはラサへ向かいました。
実はラサを含むチベット自治区は、世界を旅する中でも
「行きたいランキング」が高かったところだったので、
かなり楽しみにしていました。

しかしこのラサ、
現在外国人が自由に旅行することは難しい状況にあり、原則的に
①中国ビザを持っていること
②旅行会社を通してパーミット(入境証)をとること
③ガイドと一緒にまわらなければならないというこよ
などの、非常に厳しいルールがあります。

チベットに入ることじたいが非常に難しいと、
いろいろな情報で聞いていました。

「あー、チベット行きたいなー、行けるかなー、
行けなかったらベトナム行くしかないなー」

なんてことを桂林から成都に向かう電車の中で話していたところ、
成都で泊ったShim’s cozy guest houseに行ってスタッフに聞くと
「行けますよ」とのこと。
あら、そんな簡単に行けるものなのね。

ラサへ行けることになり、
ルートはラサ→ネパールということに自然と決まりました。
有名なルートですね、非常に楽しみ!

しかし、ここで問題が発生。
ラサへ行き、ネパールへ抜けるルートの値段が非常に高いのです。

ラサまでの電車代はともかく、
ラサからは4WDの車に乗ってネパールの国境まで向かうため、
人数を増やしてシェアしたほうがお得なようです。
▲2日目には食堂車なんかにも行きました。
調べると8人が一番安いのですが、さすがに集まらなさそうなのでパス。
次にお得なのが4人ということで、
あと2人一緒に向かう人を集めることになりました。

2人の場合、ラサからネパールまで
色々なところを通って向かう金額が1人4000元(6万円)、
4人の場合だと1人2300元(34500円)、半額近くなります。

これは集めるしかない!

と、思っていると、僕らと同じ考えの人たちはやっぱりいるもので、
翌日にはもう2人が集まっていました。

1人目は通称ノリ君、
3年間働いた会社を辞めて世界一周に旅立っている25歳の男性です。

2人目は通称ヨウコちゃん、
元派遣社員でOLっぽい25歳の女性です。
はい、はくしゅー。
ということで、4人でネパールへ向けて旅立つことになりました。
▲3日目。別世界。
お昼ごはんには、

チベットのヌードル(ヤクのお肉入り)とバター茶を食べて

さあ、午後はセラ・ゴンパという問答の見られるお寺に行きます!

▲昼ごろ。雲が近く、空の青がなんときれいなんでしょうか。

さて、気になるルートを紹介。

1日目:夜に電車にのって成都から出発。44時間の電車の旅。
2日目:1日中電車の中。
3日目:午後4時ごろラサに到着、、その日はホテルへ。
4日目:ラサ観光
5日目:ラサ観光
6日目:ラサから移動、ヤムドク湖を通って、ギャンツェで宿泊
7日目:ギャンツェからシガツェへ
8日目:シガツェからエベレストのベースキャンプへ、エベレストを見る
9日目:ベースキャンプからネパールとの国境の町ダムへ
10日目:ダムからネパール、ここでガイドと別れてカトマンズへ

というようなルートです。
けっこうな長旅、4人で力を合わせて頑張っていきたいと思いまーす。

▲窓からはヤク、牛、羊、ヤギ。
この鉄道は世界一標高の高いところを通る鉄道としても有名(確か)です。

そして、44時間と時間も長い!

長いのですが、きれいな景色を見れるということで、楽かったです。

2日目にはトランプをしたり、
DSでマリオを対戦(初体験)をしたりして、
グダグダしながら過ごしていました。

そして、3日目。
ラサまでもう少し。なんと海抜(標高4513メートル)

若干、頭が痛くなってきたような気もします。。

酸素チューブをもらって、電車の中で酸素を吸うことができます。

とりあえず吸ってみました。
出てるのか、さっぱりわかりませんでしたが。

途中の駅にて。

空が果てしなく青く、雲が目の前にあるように近いです。

そして、1時間くらい遅れていよいよ到着。

駅に着くとガイドが待っているはずでしたが、
他のグループは続々とガイドと合流する中、
なぜか僕らのグループのガイドだけが来ておらず。

迂闊に動くのもどうかと思い、電話だけをして待つことに。

待っている間に、暇だったので夢写真を撮ることに。

意外にあっさり、書いてくれました。
チベット文字になったため、全く読めず。

いよいよチベットに着いたんだなー、と実感しました。

結局1時間半待たされて、ガイドがようやく到着。
これが後々意外な結末に・・・。

宿を数件見て選び、いよいよ明日はラサを観光です。楽しみー。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です