ポカラはリゾート地ですなー(2010.06,05~08 ポカラ)

チトワン国立公園の近くの村、
ソウラハからバスに乗ってポカラへ向かいました。

ネパールでは
バックパックなどの大きなはバスの荷台(天井)に置きます

バスには運転手以外に、
呼び込み・雑用・お金徴収専門の人が乗車します。

写真にうつっている方がその係を一身に背負う男性。りりしいです。

ネパールの正装の1つである帽子をかぶっています。

バスで5時間、ポカラへ行きましょー。

途中、バスが止まったと思ったら運転手が男性にお願いして、
バスに落書きをしてもらっていました。

落書きじゃないですね、お守りかなんかなんでしょうか?

このおじいちゃん、
バスの中に乗りこんできたと思うと、
いきなり運転席に行って
ハンドルとクラッチにベッタリと絵具をつけていました。

その後、
なにも知らなかった運転手がハンドルを握ると、
当然のように絵具が手にベッタリとついてしまい・・・。

一生懸命手をふいていました。。

「写真撮ってー」と言ってきた少年。

カメラをかまえると、ピっと立ってとても緊張していました。

さて、ポカラへ到着。

ポカラはホテルの供給数が需要数を大幅に上回っているため、
宿の質が高いわりに、
値段がかなり安いというとても幸せな地域です。

まあ、ネパール全体にそう言えるかもしれませんね。

部屋の目の前がこのようなバルコニーで、
もちろん部屋の中にシャワー・トイレ付、
ファンもついている個室が1部屋600ルピー(900円)とか。

もちろん2人で900円。安いですねー。

今の時期は雨季のため本当にうっすらとしか見れませんでしたが、
とてもきれいなアンナプルナの山々が見られるらしいですよー。

題名の通り、ポカラはリゾート地。

おしゃれカフェが並んでいます。
夜には雰囲気のよいカフェに様変わりします。

基本的にポカラではトレッキングをしたりするのですが、
今回は時間の関係でパス。

なので、のんびりと時間を過ごしていました。

それにしても暑かったー。
なので、日中は日陰に隠れていました。

バナナラッシーを飲みながら外を眺めています。

あー、のんびりしてるなー。

外では中学生くらいの女の子たちが、サッカーをしていました。

W杯ですからね、盛り上がっていました。

左を見れば、牛も日陰でのんびりと過ごしていました。

親子ものんびり。

水浴びをしていた牛さん。

勝手に撮ったので怒っています。もー。

ポカラでは、ネパールののんびりとした雰囲気を
象徴するかのような過ごし方をしていました。

今度は雨季じゃないときに来てみたいなーとか、
トレッキングをしてみたいなーとか、そんなことを思いました。

のんびりと過ごし、7時間かけてカトマンズへ戻りました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です