城壁に囲まれた町(2010.08.21 ロドス)

メイスからロドスへ行く船の出航時間は夜7時。
ロドスに着いたのは夜の12時半くらいだった。

この路線は有名旅行ガイドブックにも載っていないが、
旅人たちが教えてくれたおかげでこのルートがあることがわかり、
カシュ→メイス→ロドスと、無駄なく進むことができた。

夏だけしか運行していないとか、
夏でも平日だけとか、色々と変更はあるみたいですが。

アルテミスヨークでの快適な宿、
青の洞窟の神秘的な光、そしてこのルートと、
最近は旅人情報によくお世話になっている。感謝感謝。

夜中に港に着き、
目星をつけておいた宿へと向かう。

こんなに大きく、趣のある城壁が僕たちを迎えてくれた。
(実際は夜だったんだけど、ライトが当たってそれもよい)

僕たちの宿は旧市街にあり、
旧市街は城壁に囲まれた車の通ることができないスペース。

期待は高まる。

石畳の歩道。

ヨーロッパにある石畳よりも、もっと本当の石畳。
小さい石を床に詰め込んだ石畳。これはなかなか見られない。

趣のある町だなー、と思う。

すると、

夜中の1時に城壁をくぐって、
旧市街に入った僕たちを迎えてくれたのは、

城壁内に大音量でかかるクラブミュージック、ドンドコ、ドンドコ
城壁の入り口付近で、店内でもなく路面がクラブ化していた。

あー、こんな感じなんだなーと思う。
観光がメインの島、仕方ないか。

ロドス島には世界7不思議の1つがあるらしいが、

それも今は伝説として残されているだけで、

現在なにがあるとか、
はたまた実際に本当にあったとかすらわからないらしい。

それのイラスト絵葉書だけはたくさん売っていました。

なんじゃそりゃー。

猫はたくさんいました。

居心地のよい場所もなかなか見つけられず。

夜中に着いて1泊だけして、
次の日の夜行船でサントリーニ島へと目指しました。

次はこの旅、初めてのリゾートになる予定。

なんだかんだで楽しみー。

ロドスから船に揺られて12時間、サントリーニへと向かいました。

安いチケットを買った僕たちのエリアはデッキ。

屋根があるだけましでしたが、
夜中に海風が吹いて寒かったり、
結露でできた塩の雨がポタポタと顔に落ちてきたりと、

非日常体験の末、翌朝無事にサントリーニに着きました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です