カイロをぷらぷら(2010.09.13-17 カイロ)

旅人の間では
世界三大うざいと言われているエジプトの人々。

他の旅人のサイトなんかを見ても
めんどくさいとか
しつこいとか
なんだかあんまり評判がよくないので
どうだかなぁぁと。

不安と期待で胸いっぱい
みたいな感じでエジプト入りしたのだけど

まあ結論から言うと
エジプト人はめっちゃいい人!!

とにかくエジプト人はやさしい。

空港から路線バスで宿まで行ったけど
こちらが聞く前にみんなが
どこに行くの?
どのバスに乗りたいの?
それならこれに乗れ
運賃はいくらだ

すんごい世話を焼いてくれる。

地球の歩き方風に言うと
「彼らのホスピタリティにきっと心奪われるだろう」的な感じ。

で、とにかく街を歩いていても
みんな笑顔。

日本人、そんなに珍しくもないと思うんだけど
地下鉄とか乗ったら
もう大人も子どもも興味津々みたいな感じで
すんごいにこにこしてくれる。

全然、悪いは感じはしない。

もう我慢できないって感じで話しかけてきては
Welcom to Egypt!!と言ってくれる。

これってすごくない?
通りすがりの外国人旅行者に
Welcom to Japan!!って言ったことある?
日本にももしそういう人がいたら、拍手を送りたい。
はい、はくしゅー!

さらに、握手を求められて握手大会になったりする。
芸能人になった気分。

エジプトの人の
この純粋さというか、無邪気さというか、すごくいいなぁ。

他人を放っておかないそのやさしさに
トルコを思い出す。

イスラムの教えがやっぱり影響しているのかな。

エジプトは「劣化版トルコ」とかって言われてもいるらしいけど。
それはちょっと言葉が悪い。

なんていうかトルコはやっぱりよくも悪くもヨーロッパ化して
洗練されてきた部分があるけど
エジプトのほうがより無邪気で、屈託がないんだろうなぁ。

エジプト名物のコシャリ。
日本でいうと牛丼みたいなもんですかね。
早い、安い、うまい。

これがまた不思議な食べ物で
米とマカロニとスパゲティに
トマトソースと豆かなんかをかけたもの。

材料的にはまずくなる要素はないけど
それを全部一緒にしなくても、みたいな取り合わせ。

でも、なんか不思議とおいしい。

一杯、3エジプトポンド(50円くらい)で、おなかいっぱい!

これまた名物のスーフィーダンス。
どういうダンスかって言うと

えー、一言で言いますね。

ひたすら回る。

このスカートをひらひらさせながら

ひたすら回る。

30分以上は確実に回り続ける。

昔はイスラムの修行のひとつだったようで

ぐるぐるぐるぐる回って、陶酔状態になって、神に近づく
みたいな意味があるらしいです。

というか、神業です。

普通あんなに回れない。

大丈夫か??と心配になるくらい回る。

いつもより多く回しております!
みたいな出し惜しみは一切なく全力で回る。

しかも、これ無料!!
このクオリティで無料はすごい。
本当に見る価値ありです。

アラビア語。

こんにちはとありがとうぐらいしか言えないけど
それだけでも
「あんた!アラビア語がしゃべれるのかい!」
みたいな感じで大喜びしてくれる。

コミュニケーションをとる上で
現地の言葉を使うのって、本当に大事。
距離が一気に縮まるからね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です