ルート(中東)

ミラノ→ カイロ 飛行機 21000円/人
4時間半
スカイスキャナというサイトでとったエジプトエアの飛行機。
夜12時55分発だったのが50分には離陸していた。
飛行機はまあ、快適。
機内食もおいしかった。
ミラノの空港はWI-FI有料。しかも高い。
やるわけない。

※1ユーロ120円、1リラ(トルコ)60円、1kn(クロアチア・クーナ)20円で計算しています。

 


ミラノ→ カイロ 飛行機 21000円/人
(円/人) 4時間半
スカイスキャナというサイトでとったエジプトエアの飛行機。
夜12時55分発だったのが50分には離陸していた。
飛行機はまあ、快適。
機内食もおいしかった。
カイロの空港から市街地までは、まず第一ターミナルに行ってタフリール行きかギザ行きのバスに乗る。
ギザ行きは頻繁に出ている様子。
料金はタフリール広場まで1ポンドだった。
あとはタクシーでも行けるけど、けっこうボってくるらしい。

 

カイロ⇔ ギザ バス 行き:バスで0.75ポンド/人
(13円/人)

帰り:

バスで地下鉄まで2ポンド/人
地下鉄1ポンド/人
(51円/人)
30分
タフリール広場のバス停からバスが出ている。
地球の歩き方に載っている番号のバスはなかなか来ないようで、900番台のバスに乗った。
バス停で「ギザ・ギザ」言えばエジプト人が案内してくれると思う。
帰りは地下鉄ギザ駅まで乗り合いバスに乗って、地下鉄で帰った。

 

カイロ→ ルクソール バス 100ポンド/人
(1700円/人) 12時間
スルタンの入っている建物から北に行ったところにあるバスターミナルでチケットを買う。
乗り場も同じところ。
バスは外見はよいけど、中はかなり狭くてけっこうしんどかった。

 

ルクソール→ アスワン 電車 25ポンド/人
(425円/人) 3時間
ルクソールの駅で2等の電車の切符を買った。
エジプトの電車は切符を売ってくれないと言っていたけど問題なかった。
電車は1時間遅れでやってきた。
車内はエアコンがガンガンで席と席の間は広くてかなり快適。

 

アスワン⇔ アブシンベル バス 60ポンド/人
(1105円/人) 4時間
宿で申し込んだショートツアー。
ショートツアーはアブシンベルの往復だけで、ロングツアーは80ポンドでアスワンハイダムとか近くの神殿とかも行くみたい。
朝3時にバスが出て朝陽をバスで迎えて7時くらいに到着。
1時間半くらい見学してまた4時間くらいかけて帰った。

 

アスワン→ ルクソール フルーカ・
バスツアー 120ポンド/人
(2040円/人) 24時間
多分色々な宿でフルーカツアーを申し込めると思う。
僕たちはヌビアンオアシスという宿で申し込んだ。
3食付でフルーカというヨットに乗ってナイル川を下ってアスワンからルクソールまで行くツアー。
かと思ったらフルーカは2キロほどしか進まなかったところで停泊し、船の上で宿泊。
で、翌朝バスでルクソールまで行くというツアーだった。
途中、ヌビア人の村に寄ったりする。
バスは暑い、狭いで過酷だった。

 

ルクソール→ ダハブ バス 30ポンド/人
(510円/人) 19時間
ルクソールの駅を出て左手に進んだところにバスターミナルがある。
切符もそこで買う。
15時半発。
着いたエジプトのバスは外見は悪くないんだけれど、中身はかなり狭くてけっこうキツイ、いやかなりキツイ。
しかも長距離バスなのに座席を持っていない人まで入って通路とかに座って寝ている人までいる。
途中何度も休憩する。
結局3時間くらい遅れた。かなり過酷だった。
ダハブのバスターミナルからビーチまではタクシーを5人で10ポンドだった。

 

ダハブ→ ヌエバ
(エジプト国境) バス 40ポンド/人
(680円/人) 1時間
ダハブのバスターミナルまで行くのが面倒で、結局近くにあった旅行代理店にお願いして宿からヌエバまでの送迎バスに乗った。
ここでもダハブ病。

 

ヌエバ→ アカバ
(ヨルダン国境)
フェリー 70ドル/人
(5950円/人) 3時間
出国税に50ポンドかかる。
で、乗った船が悪名高いフェリー。
まず、値段がかなり高い。そして遅れる。
出航時間もあいまいで15時半と言っていたけど出航は16時半。
まあ、1時間ならよいほうで10時間くらい待ったって人もいた。
フェリーはまあ快適。
着いてもなかなか降ろしてくれないが、強引に行くとあっさり降ろせてくれたりする。

 

アカバ→ アカバ中心地 タクシー 1.6ディナール/人
(192円/人) 15分
港に着いたのが夜で、そのままペトラまで行ってもよかったのだがタクシーでしか行けないそうなので1泊アカバで泊まることにした。

 

アカバ→ ワディ・ムーサ バス 3ディナール/人
(360円/人) 2時間
アカバで泊まった宿のペトラホテルから徒歩5分にバスターミナルがあってバスに乗車。
午前中は1時間に1本は出ていると思う。
最初5ディナールと言ってくるので注意。

 

ワディ・ムーサ⇔ ペトラ遺跡 送迎バス 無料 10分
有名宿。
バレンタイン・インで朝7時からと8時からに無料送迎バスがある。
帰りは17時と18時。
僕たちは8時に出て17時のバスで帰ってきた。

 

ワディ・ムーサ→ アンマン バス 5ディナール/人
(600円/人) 3時間
バレンタイン・インでアンマンへの行き方を聞くと朝7時にあるバスのみと言われて、そんなはずないだろうとバス停に行くと案の定あった。
どうやら7時のバスはバレンタイン・イン発着で多分マージンが入るのかな。
バスターミナルは宿より徒歩5分。聞けばわかる。
バスにはわれ先にと乗るアラブ人たちに負けずに頑張ろう。

 

アンマン⇔ 死海 タクシー 7ディナール/人
(840円/人) 1時間
マンスールホテルでタクシーをお願いした。
4人で1人7ディナール。
オーナーがいなくてルアイさんだけなら25ディナールになるみたい。
タクシーの往復と2時間死海で待ってもらってこの料金。
ちなみに死海が10と15ディナールのビーチがあって、15はプールがついているけど泥パックは有料で10は自然に泥パックがあるので無料。
10がオススメ。

 

アンマン→ イスラエル国境 タクシー 5ディナール/人
(600円/人) 1時間
マンスールでタクシーを頼んだ。
1人5ディナールで国境のキングフセイン橋まで。
で、出国手続きをしてイスラエル側の国境まで3ディナールのバスに乗る。
これが1時間半くらい待ったし、料金もボリすぎ。

 

イスラエル国境→ エルサレム バス 36シュケル/人
(900円/人) 1時間
イスラエルの国境からエルサレムまでのバス。
これもボリすぎ。
ここでイスラエルの紙幣が必要なのでアンマンでバス代だけでも両替しておいたほうがよい。

 

エルサレム→ オリーブ山 バス 4.5シュケル/人
(113円/人) 15分
イブラヒムピースハウスに行くために乗るバス。
75番。
ダマスカス門にあるバスターミナルから乗る。
運転手に告げると降ろしてくれる。

 

エルサレム⇔ ベツレヘム バス 4.5シュケル/人
(113円/人) 30分
No21のバスかNo75のバスに乗る。
料金も行く先も異なる。
僕たちはNo21のバス乗って行き、聖誕教会まで歩き、分離壁まで北上してNo75のバスに乗って帰った。

 

エルサレム→ アンマン 行きと同料金
行きと全く同じ方法で帰った。
アンマン国境からマンスールまでのタクシーも1台20ディナールで同じだった。
朝に出て15時くらいに着。

 

アンマン→ ナイロビ 飛行機 1539AED/人
(34229円/人) 12時間
エア・アラビアの飛行機。
エアアラビアにしては高いほうかも。
深夜1時発が深夜3時発になった。
ケニアに無事着いたので、とりあえずよかった。

※1ポンド17円、1ドル85円、1ディナール120円、1シュケル25円、1AED22円で計算しています。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です