なんだか落ち着くな~(2010.11.21-28 リスボン)

スペインのセビーリャから夜行バスでやってきたのは
ポルトガルはリスボン。

ヨーロッパの多くの国が加盟しているシェンゲン協定によって
国境ではパスポートのチェックもなく
というか、国境もどこだかわからないくらいあっさりとリスボンに到着。

そうだったぜー。
このヨーロッパの国境越え、なんだかなつかしい。

ポルトガルは、落ち着いた雰囲気でいいところだと
聞いていたのだけど、本当にそのとおり!

気に入ったぜー。

リスボンの街並みは坂が多い。
急な坂を登っていくと、街を見渡せるポイントがいくつもある。

古い建物も多く残っていて
壁はクリーム色やオレンジ色のかわいらしい色に
赤い瓦屋根が、ポルトガル風。

「坂の上から見た街並みは、実に美しい」

と、このお犬さまも言っておいででした。

リスボンこそ、魔女の宅急便の舞台になった国じゃないでしょうかー。
ドブロブニクよりもー。

と思うくらい街並み、素敵。

そしてですね。
ポルトガルは食べ物がおいしい!

特に魚介がすばらしい!

これは魚介たっぷりのリゾット。
なぜかかにかまが入ってる。
こちらは何年か前に日本でも流行ったエッグタルト。

どこのカフェでも売ってるけど、みんなちょっとずつ味が違う。
食べ比べをしてみると
まあ普通ってやつから超おいしいってやつまでいろいろある。

パイ生地は少し塩気があって、甘いカスタードクリームとの
ハーモニーが絶妙。

毎日食べたぜー。

リスボンの宿は、友人におすすめされたホステル。
ここがかなりヒットだった。

シーズンオフなので、人が少なかったこともあるけど
ほんとに家にいるみたいで。

キッチンもぴかぴかで使いやすいので
自炊も毎日した。

ついついお米を買って。

お米って炊飯器より鍋で炊くほうがおいしいような気がする。

こちら他人丼。

リスボン、ばんざーい。

宿から坂道を下ると、すぐにこの海が見えた。
大西洋!とか思って興奮していたのに
帰って地図で確かめたら、川だった。川、でかいな。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です