スペインを友人と走る!(後半)(2010.12.08-11 マドリード・コンスエグラ)

前回までのおさらいでーす。
サラマンカの生ハム最高。

はい!

ということで、次なる目的地はマドリード。

せっかくだからレアルマドリードの試合を見よう!
ということになり。
彼と友人(ロドマン氏)が盛り上がっている。

おいでやす~サンチアゴベルナベウ!
レアルマドリードのホームスタジアムです。

※ロドマン=ひと昔前のNBAリバウンド王&破壊王。

私はサッカー好きでもなんでもないけど
なんとなく見てみたいのでとりあえずくっついていく。

そんな私なのに実は、7年前の卒業旅行のときには
レアルマドリードの練習を見に行った。

レアルってのは、まあ、日本でいうと巨人みたいなチーム。
あれ?違う?いやいやそうだって。

しかも当時レアルにはベッカムがいて、ジダンがいて
ロナウド、ロベカルその他忘れたけどスター揃いの黄金時代。

練習後の選手たちはこれがまた超フレンドリーで
なんと握手、サイン、ハグなどし放題!!
という結構すごい体験をしたのだった。(自慢)

いよいよ試合が始まる。

サッカー好きでもない私は
こ、ここが、あのサンチアゴベルナベウかぁぁぁ!!
みたいな感慨もないので
(彼と友人ロドマン氏は興奮してましたが)

初めて食べたバーガーキング結構おいしいなぁとか
暖房ついてるなんてさすがスペインの巨人のホームスタジアム!とか
思っていたのだった。

でも試合はかなりおもしろかったよ。

サッカーがわからなくても
すごくうまい人たちだということが見ててわかった。

さて、次の日はマドリード近郊の町へ日帰りドライブ。

コンスエグラというマイナーな町。
でも実は、ドンキホーテの舞台になったと言われている場所。

と言われても、よくわかんないでしょ?

ヨーロッパ通のロドマン氏としては、
これぞヨーロッパみたいな風景はもう見慣れている。
私たちもヨーロッパにはなんだかんだ3ヶ月いて飽きた。

お、贅沢なこと言って。

で、少し趣の違う感じの風景を求めて行ったのが
この風車たち。

ここがね、よかったのだ。

この風車が手作りって感じで
ものすごくいい味出してるんだわ。

風車の背後にはこんな風景が。

羊さんとリアルペーターいました。

とにかく誰もいないので、やっちゃいました。

わっほーい。

そういえば香港、マカオではすごい人混みの中でも
やったけどね組体操。

そして最後の晩餐は、やっぱりパエリア!
ということで奮発してちょっとよいレストランへ。

ミックスとイカ墨の2種類を欲張ってオーダー。

おいしかった~!

でも全然食べきれない・・・。しくしく。
と思っていたら残りはお土産にしてくれると。

なんていいお店なんだぁ。
次の日のお弁当もゲットできて、ほくほくだ。

おまけのゲルニカ。

マドリードの美術館は閉館2時間前の19時くらいから
なんと無料になる!ところもある。

コンスエグラの帰り、ロドマン氏が「まぁ見てもいいかなー」と言うので
あと10分で閉まるというところに駆け込んだ。

ロドマン氏が「ゲルニカは6階にある」という
超ガセネタを流したために一同路頭に迷いかけるが
この美術館にはそもそも6階がなかったため、事なきを得た。

無事にご対面。

今回、友人のロドマン氏は超忙しい仕事の合間に、時間を作って合流してくれたのだった。
日頃から私たちの旅を応援してくれて、せっかくなら一緒に思い出を作ろうと
はるばる日本からやってきてくれた。

くれぐれも勘違いしてはいけない。ひま人なんかではないのだ。

楽しい思い出が、またひとつ増えた。ロドマン氏よ、ありがとう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です