毎日がパーティー@汐見荘(2010.12.20 ビーニャデルマル)

幻のワイナリーを後にして
やってきたのはチリのビーニャ・デル・マル。

アルゼンチンからチリへの国境越えは
相当めんどくさい。

果物や花などの動植物を持ち込んではいけないという決まりがあって、
荷物を全部X線に通したり、調べられたりして。

普通の出入国手続きもかなり待たされて
国境に着いてから出るまで
まさかの4時間かかっちゃった!

へとへとになって日本人宿「汐見荘」に到着。

ここで年越しをしようと思っているので
どんな人がいるか、ちょっとどきどきだったけど
みんないい人そうで、一安心。

翌朝、みんなで魚市場へ。
ここは海沿いの港町なので魚介が豊富!

魚や貝や、なかなかの品揃え。

市場までは海沿いの道を30分歩いて。

天気がよければ気持ちいい。

そしてこれがここでの唯一の運動。

ペリカンやカモメがおこぼれを狙っている。

魚を丸呑み!

アザラシもほんとはいるみたい。
見たかったな。

宿に帰るとみんなで調理開始。

今日は刺身!!!

釣りライダーひろ氏が魚をさばいてくれる。

いつも飲んだくれてるばっかりじゃないっす!
やるときゃやるっす!

そしてなぜか浮かれたユウタ氏とツカサ氏によって
生ハム一本買いという暴挙に!!

まだクリスマス前だよ・・・。

でも一本買っても6000円くらいだから
これは安いねー。

日本じゃ絶対できないしねー。

生ハムのカットは少し難しくて
みんな苦戦してたけど、楽しかったなー。

から揚げ、貝のワイン蒸し、生ハムも

ビールにワインもたっぷりと。

あー楽しい。

浮かれた仲間たちと記念撮影。

どっからどう見ても浮かれている。

ほんとにもう毎日がパーティー、毎日が正月気分。

みんなで市場に買出しして、料理して、食べて、飲んで、しゃべる!
学生時代の合宿みたいなノリ。

全ては、おいしいごはんを食べるために!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です