アレキパで迎えた誕生日(2011.4.7-10 アレキパ)

標高3855メートルのプーノからバスに揺られること5時間。

標高2335メートルの街・アレキパへやってきた。

朝晩はやや冷え込むものの、
プーノとの標高差1500メートルの差はかなり大きく、
寒かったプーノがウソのように日中は暖かくて気持ちがいい。

もういい加減暖かい地域に行きたいなーと思っていたところなので、
このアレキパの気候が随分ありがたかった。

この街はクスコやプーノと違って、街の雰囲気はリマ寄りの都会。
富裕層がけっこういるんだなーって感じの街。

宿の屋上が思いのほか気持ちのよい造りで、

その上、朝食まで付いていたので、朝がいつも楽しみだった。

僕たちが泊まっていた時期は天候がいつも同じで、

朝は快晴。
調子がよいと6075メートルのミスティ山が鮮明に見える。
コーヒーを飲みながらこの山を見るのがなんとも贅沢。

3時頃からだんだんと天気が崩れてきて、
快晴だった午前中がウソのように厚い雲に覆われる。

で、雨が降る。

夜になるとやんだり、やまなかったり。
毎日・毎日それの繰り返し。

アレキパは味覚の街らしく、
なんだかオシャレなレストランもけっこうある。

ペルー全体に言えることだが、とにかく中華が多い!
中華料理はどの国にもあるけど、
ペルーのそれは、かなり多いほうだと思う。

あとはこれもどこにでもあるのが、チキン。
もう、チキンの消費量がハンパない!
1日1チキンみたいな感じ。フライドチキンとか焼きチキンとか。
安いし汚い食堂で食べるのが定番だけど、安くておいしい。

まあ、せっかくだからと今回はアレキパ料理を堪能!

肉厚な赤唐辛子に挽肉が詰まったロコト・レジェーノや、
エビのクリームスープ=チュペ・デ・カマロネスを食す。

エビがふんだんに使われていて、出汁が出ていて
なんともおいしい!

そして、4月9日。アレキパで誕生日を迎えた。

28歳の誕生日。

海外で迎える2回目の誕生日。

去年は旅に出たばっかりの北京で、
通称:枯木っていう気のよい中国人に祝ってもらった。

枯木に会いたいなー。

mixiで旅の最初のドキドキを思い出しながら日記を書き、
最後に自分の誕生日をここぞとばかりにアピールしたら
思いがけずたくさんの友人から誕生日祝いのメッセージをもらった。

海外で旅をしていて、
それは逆に言えば日本で暮らしていないということで、

そんな中、自分という存在が他の人の中で生きていたという事実が、
なんだかホっとしたし、身体に染みこむようにジワジワと嬉しかった。

やっぱり人間は(少なくとも僕は)、ずいぶん寂しがり屋なんだなーと、
旅に出てから感じるようになった。

そして1年前の自分を振り返り、旅の最初のドキドキを思い出した。

まあ、とりあえず誕生日。
記念写真だって、撮っちゃうもんねー!

ということで誕生日のメッセージをくれた友人たち、家族、旅仲間には
すごく感謝した1日でした。

本当にありがとう!
みなさんの大きな愛は確かにペルーまで届いていますよ!!!

と、みんなを抱きしめて伝えたいくらい嬉しかったです。

そして、昨年は僕の誕生日を忘れていた疑惑があった彼女(?)ですが、
今年はバッチリと覚えていてくれ、
しかも、旅仲間から誕生日のメッセージカードを書いていてもらってくれたりしていて、
なんとも嬉しい言葉集を頂きました。

本当にありがとう。
そして、これからもよろしく。いつも感謝しています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です