危険な土地?チェンマイ(2011.10.3-9 チェンマイ)

チェンマイはとにかくいいところだという
旅行者の評判は聞いていた。

タイマッサージを習うためだったり
定年後の新しい生活を始めるためだったり
チェンマイにロングステイしている日本人もかなりいるとか。

実際に来てみて・・・
気づいたら一週間が経っていた・・・。

危ない危ない!

ということで居心地よいです、チェンマイ。
なぜこんなに居心地がよいのか考えてみると・・・。

やっぱりまず街の雰囲気がのんびりしてて、過ごしやすい。
気候も暑すぎずちょうどいい。

お店や屋台もたくさんあるし、何でも揃って便利。
感じのいいカフェもたくさんある。
名物料理「カオソーイ」がおいしい。

レンタルバイクが格安。
24時間、150バーツ(400円くらい)で借りられる。

見所やアクティビティもたくさんある。
タイマッサージやタイ料理の学校がたくさんあって習うことができるし
山が近いので、少し足をのばせばトレッキングなども楽しめる。

また、宿も長期滞在者用から、ホテルから安宿とたくさんあり
コストパフォーマンスがかなりよくて快適。

とまあ、チェンマイは何もしなくても楽しいし
何かしても楽しい。

私たちも半分くらいはのんびりして
半分は観光したりで気づいたら一週間。


▲映画「プール」の舞台

私たちがバイクを借りて出かけたのは
メーサーエレファントキャンプと
HIVに母子感染した孤児たちの生活施設「バーンロムサイ」。

エレファントキャンプについてはまた次回の日記で。
そして「バーンロムサイ」については
感じたこと、考えたことがたくさんあったのでノートで。

チェンマイではまず、超おいしいと噂の名物「カオソーイ」を探しに!

アユタヤ在住のナツキさん曰く
カオソーイを食べるためだけにチェンマイに行って
食べ歩きをしたほどのおいしさらしい。

それはぜひと、私たちもいろいろなお店で食べ比べ。

一つ目は正直「そこまででもないな~」と思ったけど
二つ、三つと食べるうちにはまってきた。

カオソーイなんて今まで聞いたこともなかったけど
簡単に言うと、カレーラーメン。
ココナッツミルクの入ったマイルドなカレー味のスープに
ラーメンのような黄色いたまご麺のゆでたのと揚げたのが
両方入っているというもの。

日本のラーメンのように、スープや麺が店によって違うので
好みのものを見つけるのも楽しい!

そして私が楽しみにしてたことの一つはタイ料理を習うこと!

タイ料理教室はそこらじゅうにたくさんあるので
ネットで相場を調べて、前の日に申し込み。

大体、1日コースで6品くらい作って900~1500バーツくらい。
郊外に農場を持っていて、そこで作っている野菜なんかを使って
教室をやってるとこなんかもあり。

私が選んだのはBaan Thai Cookery school
1日コース 9:30~16:00 900バーツ(2500円くらい)
マーケットツアー、おやつ、水、送迎付き
最大9人のクラス、英語での授業
ちなみに先生は優しいおかまちゃんでした~

ここに決めた最大の理由は6つのカテゴリーの中から
それぞれ1品ずつ作りたいものを選べることと
(教室によっては個人で選べないところもある)
その中にチェンマイ名物のカオソーイがあったから。

一品作っては食べちょっと休んで、また作っては食べを繰り返すという
なんかおもしろい料理教室です。

雰囲気はゆるーい。

私は8人グループで全員オランダ人の中に一人日本人だったけど
先生も周りの人もみな気遣ってくれていた。

あと英語がよくわからなくても
料理はよく見てればできるので充分楽しめる。

久々に1日中英語で生活したのと
一日中食べてたので、どっと疲れたけど
タイ料理はあの複雑な味のわりに意外と簡単で
日本に帰っても作りたいと思うものだった。

カオソーイはいろいろ食べた中で
自分が作ったのが一番おいしかったし。

そしてあとは、カフェでまったりしたり

タイマッサージに行ったり(バンコクよりさらに安い)

ぷらぷら散歩したり、お寺を見たり

久しぶりに日本食を食べに行ったりもした。

まだまだチェンマイには居られそうだけど
帰国の日も迫っているのでそろそろ次の街へ。

お尻にどっしり根っこが生えましたな~。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です