アメリカの大自然を走る1(2012. 03.02-11 フェニックス・セドナ・アンテロープキャニオン)

世界一周中に香港、スペインと二回も合流してくれた地元の友人が、
車を借りてアメリカをドライブしたいと誘ってくれた。

どこかでNBAなんかも観ようじゃないかという提案。

当然、断る理由もなかったので一緒にアメリカへ行ってきた。
今回は1週間の短期旅行。

社会人時代には海外旅行というものを行かなかった僕としては、
仕事の合間をぬって、
1週間の海外旅行に出かける習慣がまるでないのだけれど、

毎年休みをとっては海外へ出かける彼の行動力には

いつも関心させられる。

今回の旅程は
羽田からロサンゼルスを経由してフェニックスへ。
フェニックスで車をレンタルして、そこからはもう思いのままに。

「まあ、セドナには行っとこうか」くらいしか予定を決めず、
というか、なにがあるのかすらほとんど調べずに飛行機に乗った。

友人F氏と羽田で合流し、F氏が購入してきたガイドブックを読んで、
はじめてその周辺がグランドサークルと呼ばれる地域だと知った。

それくらい、今回の旅行は隙だらけで出発した。

飛行機を乗り継いでフェニックスに着いたのが夜中の12時。

その日は空港へ無料ピックアップのある宿を予約していたので、
宿へ連絡を入れて迎えを待つ。

が、案の定と言うべきか、待てども迎えが来ない。
20分以上待ったときに、1台のバスが止まった。

運転手は大柄な黒人男性でなぜか妙な威圧感がある。
そしてアメリカ人特有のまくし立てるようなスピードの英語。

運転手が宿の名前を言っていたので、
とりあえずバスに乗ってはみたものの、どうも落ち着かない。
深夜だったことも影響しているだとう。

「このまま連れさられてしまうんじゃないか」

そんな不安に掻き立てられたとき、
バスは何事もなかったように宿に到着した。
宿のベッドに寝転びながら目を瞑り、
「ああ、旅行ってこういうことの繰り返しだなー」と、そんなことを思った。

翌朝、事前にネットで予約しておいた車をレンタルして
フェニックスから二時間の街、セドナへ。

ちなみに車は1週間レンタルして、保険込みで200ドル。
現在のレートでは1万6000円くらい。安いね。

アメリカは高速道路が無料で、
映画に出てくるようなどこまでも真っ直ぐの1本道に溢れていて、
それは、やはり走っていて気持ちがいい。

気分を高揚させながらセドナへと向かった。

セドナは「パワースポット」だとか「地球の磁力の源」だとか、
世の女性たちを虜にするようなキャッチコピーがある街で、
「エネルギーがどうたらこうたら」とか色々とあるみたいなんだけど、
まあ、そんなことは知ったこっちゃない。

ただ、この街の景色は美しかった。それに尽きる。

カセドラルロックと呼ばれている岩山を登る。

▲セドナのカセドラルロック

高度が上がるにつれて背中に広がる景色がなんと美しいことか。
何度も後ろを振り返りながら頂上を目指した30分。

その頂上に登った瞬間に見える反対側の景色。


▲カセドラルロックを登っているときに見えた景色

それまでは岩だけしか視界に入ってこなかった景色が、
頂上に上った瞬間にパっと明るく開き、
どこまでも広がる青い空と雄大な地層が視界に広がる。

30分歩いて頂上まで辿り着いた人だけが見られるご褒美。

こういうシチュエーションは、なかなか嬉しい。

▲全米一美しい街と評判のセドナ

どこまでも続く1本道を走ること3時間。
確かそれくらい。

セドナを後にして次に向かった先は、アンテロープキャニオン。

写真上の溝の入り口を降りていくと、
水の流れによってできたであろう赤い岩の道が見えてくる。

もちろん、壁には水が流れてできた証があり、
まるで今も水が流れているような勢いを感じる。

岩と岩に挟まれた道は、
周りの音を遮断し、静粛に包まれた心地よい空間でもある。

自然が作り出す、この巨大な芸術を
納得する写真に撮ることは、僕にはできない。

空を見上げれば太陽からの光が差し込む。

太陽の光に感謝する空間。

アメリカの自然には度肝を抜かされた。

大自然と言えば「南米」というイメージがあったが、
そこはやはり観光大国・アメリカ。

この国もかなり見所が多いと実感させられた。
自分でレンタカーを借りて、
気軽に行けることも楽しさを感じられる要因の一つだろう。

世界一周旅行中は、
まあアメリカは行かなくてもいいかなーとか思っていたけど、
こりゃ楽しい。

キャンプ道具なんかを持ってレンタカーで周ったら
お金もそんなにかからないし、楽しめると思うのでぜひオススメ。

その後はレイクパウエルに行ったり。
この日で4日目が終了。

アメリカと言えばファストフードってイメージがあるけど、
やっぱりレストランの数でいえば
ファストフードの割合はかなり高いような気がした。

まあ、単純に馴染みがあって目についてるだけかもしれないけど。

都市部では色々なお店があるだろうけど、
特に高速道路沿いではマックやバーキンやサブウェイなんかが多い。

量もジュースやポテトはかなり大きいし、
Mサイズで日本のLLくらいあるんじゃないかな?

コンビニでは特大紙コップにジュースを入れて
90セントくらいで売ってるし(70円くらい)、
まあ、これがコンビニに寄る人みんな買っていくんだわ。

当然といえば当然だけど、太っている人は圧倒的に多いね。
ジュース飲みすぎだって。

あ、レンタカーで危なくないかって?
基本的にはそんなに難しくないし、危なくもない。

左ハンドル右車線だけど、道は広いしわかりやすく、
まっすぐの道が多いのでそんなに困らない。
ナビも付けられるし。

思ったより車を飛ばす人もいないし、
はじめての人も最初の勇気があれば多分大丈夫だと思います。

まあ、僕たちは道を間違えたのに気づいて、
路肩に止めてUターンをしようとしたら、
路肩が思ったよりも砂が深くて、見事にスタックしましたが・・・。

どうしようかなーと困っていたら1分後になにもしていないのに
車が止まってくれて、牽引して救出してくれた。

ああ、おじさん、ありがとう!

そんなこんなで楽しく前半戦を終了。
後半はモニュメントバレー、NBA観戦など!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です