トップへ

世界一周旅行記

みんなの夢

データ

プロフィール

掲示板

リンク

メール
だいたい青いぜ九寨溝 (2010.05.18 九寨溝)
中国旅行記一覧へ

成都から10時間バスに乗って九寨溝へ行ってきましたー。
はい、はくしゅー。


みなさん、この九寨溝をテレビとか雑誌で見たことあるでしょうか?
よく、世界遺産特集なんかのテレビで出てきたりするところです。

日本に住んでいるときから、
こんなきれいな景色を見てみたいなーと思っていたのですが、
ついに実際に行ける日がきてしまいました。
あー、すごいすごい。


ちなみにこの九寨溝は、近くにある(といってもバスで3時間くらい)
黄龍と一緒に世界遺産に登録されています。
黄龍も行きたかったのですが、
現在の時期は水面に水があまりはっていないのと、
バスがちょうど売り切れていたので断念。

行きたかったなー。
 
  さて、この九寨溝。
成都から片道10時間ほどバスに乗って到着します。


事前情報では「ツアーでないと行けない」だとか、
「ツアーのほうがお得だ」とか、そんな話を聞いていたのですが、
桂林で中国ツアーに参加して、
散々な思いをした僕たちはツアーを使わずに行ってきました。



成都にある新南門バスターミナルで片道140元(2100円)を払い、
約10時間かけて移動してきました。
   
  途中、デコボコ道、クネクネ道、霧道、土砂くずれ道などを通り、
中国の運転手らしく前の車にクラクションを鳴らし続けながら
カーチェイスをし、全速力で飛ばしまくってようやく到着しました。



そんな道を通るので、夜行バスはないとのこと。
絶対事故が起こりますからね。
なので昼間に移動をして、その日は移動だけで1泊。
翌日、九寨溝を観光するというパターンでした。


ちなみに九寨溝は標高2000メートルくらいのところに入り口があり、
最高が3000メートルを超えるところにあるとのこと。


確かに寒かったです。

 
  九寨溝の入り口で
1日券とバスチケット(合計310元)を購入して、いざ観光。


なんとこの九寨溝、とても広い場所にあって、
入り口から1番奥まではバスで30分くらいかかりました。



一番奥まで行ってからバスに乗ったり、遊歩道を歩きながら
丸1日かけて下っていくルートが主流だと思います。



ちなみに中国人は主にバスを使うらしく、
とても気持ちのよい遊歩道は人が全然いなくて、とても快適でした。
1日中、九寨溝の水面を見ながら歩き続け、気持ちよかったです。
   
  青い水の中に木がどっぷりと浸かっています。


すごいですよ、本当に。


絶景。
   
  実際は写真で見るよりももっときれいでした。


自分の写真技術に「くそー」と思いましたが、仕方がない!

この旅でもっとうまくなろう!
   
  ずっと水の中に木があるはずなのに、木が腐っていなくて、
どうしても生きているよう見えるなー、と思いながら歩いていました。



すると!

水に浸かっている木から写真の真ん中のように草が生えていました。

不思議ー。
というか、完全に生きていますね、これ!



どうして生きていられるのでしょうか?
すごーい。
   
  途中、このような滝があったりもします。
     
  水面が鏡のようにうつっています。
もう、絶景!





結局、朝7時から夕方5時半くらいまでずっと歩いていました。
こんなところを歩けて本当に楽しかったです。

ただ、歩き終わったあとには
僕は原因不明の膝痛で階段をひょこひょこ歩きながら
「痛い痛い」を連呼し、


彼女は疲労から「おなかすいたー」
以外の言葉を忘れているかのように、その言葉を連呼していました。
     
  まさに万里の長城と並んで中国のハイライト!
期待通りの絶景を満喫できました。




最後に。
九寨溝では、Shim'sゲストハウスの姉妹店(?)に泊りました。


そこで奮闘しているトクロックさん(日本人)が、
とてもよくしてくれて、楽しく快適に泊ることができました。


九寨溝に行く場合は是非立ち寄ってみてください!
 
▲一番きれいに見えるといわれている五彩池。時期的に水が少なめ。    
 ←前の日記  →次の日記

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


HP普及のためにランキングサイトに登録しました。
1日1回このボタンを押すと、ランキングが上昇します。
日記がおもしろいと思ったら、この簿ランを押してください!