トップへ

世界一周旅行記

みんなの夢

データ

プロフィール

掲示板

リンク

メール
中国のルート 〜世界一周の軌跡です〜

・神戸→天津 
・天津→北京
・北京→大同
・大同→西安
・西安→洛陽
・洛陽→鄭州
・鄭州→杭州
・杭州→広州
・広州→香港
・香港⇔→マカオ
・香港→深セン
・深セン→桂林
・桂林→成都
・成都→九サイ溝
   

 中国
 IN OUT  移動方法 お金   時間  コメント
神戸→ 天津 船(燕人号) 25000円/人 2日半
2泊3日の船旅。
大きい船で、あまり揺れることなく快適に過ごせた。
味気ない朝食付き。
4人部屋だったが、空いていたので2人部屋だった。
お湯が出るのでカップラーメンなどを食べられる。
乗務員は全員中国人。卓球台あり。

天津→ 北京 電車(和階号)  58元/人
(870円)/人
 
30分
天津駅にある切符売り場で購入。
この区間は切符の自動販売機もある。
切符を買ったら新幹線のような電車だった。
多分天津から北京はこの方法が一般的なんだと思う。快適すぎた。

 北京→  大同 電車(硬座)  54元/人
(810円)/人
6時間15分
北京駅で購入。かなり並ぶ。
切符を買うときはメモ必須。4人が向かい合った席。
隣と前がやたら近い。
座面はそんなに硬くはないけれど、背もたれが垂直。
荷物を床の下に置ける。
人と近いぶん、相手によってはかなりコミュニケーションがとりやすい(とってくる)中国人の荷物量が尋常でないので早めに乗車してバックパックを置くスペースを確保したほうがよい。

大同→ 西安 電車(硬寝) 149元/人
(2100円)/人
16時間半
初めての寝台列車。
3段ベッドが並んでいる。快適。
一番上はかなりせまい。下は、中よりも5元高い。
駅で購入。メモ必須で電車情報あり

 
西安→ 洛陽 電車(硬座) 49元/人
(740円)/人
6時間
いつも定刻通り到着していたのに、この列車は30分くらい遅れて到着した。
だいぶ移動にも慣れてきた。メモ必須。

洛陽→ 鄭州 電車(硬座) 20元/人
(300円)/人
2時間
こちらも20分ほど遅れて到着。中国広いなー。

鄭州→ 杭州 電車(寝台) 220元/人
(3300円)/人
16時間
二等の始発列車の寝台で行こうと思っていたのに、3日前にはもう売り切れで、杭州に行ける電車がこの切符しかなかった。
本当は12時間くらいでいけるところを、のろのろ電車で16時間かかった。1等寝台は4人で個室。
二等に比べてかなり広くて快適だった。
相部屋のおじさん達がいい人で、食べ物をいっぱいもらった。

杭州→ 広州 電車(硬寝) 330元/人
(4950円)/人
20時間
5日前に行ったのに深セン行きの寝台はもう売り切れになっていて、仕方なく広州までの切符を購入。
しかも広州までの切符も残りわずかしかなく、3段ベッドの一番上だった。
一番上はかなりせまく、ベッドの上に座ることもできなかった。
まあ、寝たからいいけど。
この旅最長移動記録更新!

 
広州→ 香港 バス 87元/人
(1305円)/人
4時間
(イミグレ含む)
 

広州にある大きなホテル(マリオット)でバスのチケットを買って乗った。
イミグレのためバスを3回くらい乗り換えたけど、案内をしてくれるので安心。
快適なバスだった。

香港→ マカオ フェリー 往復300香港ドル/人
(4500円)/人
 
1時間
思ったよりも大きな船で出航。けっこう揺れる。
往復料金も、時間も思ってよりかかるので何往復もできないのが残念。

香港→ 深セン 地下鉄 37香港ドル/人
(555円)/人
 
1時間半
宿の近くの地下鉄・油麻地駅から地下鉄に乗って1回乗り換えていく。
終点・羅湖駅から徒歩でイミグレを通って中国国内の深センに入る。

 
深セン→ 桂林 電車(硬寝) 242元/人
(3630円)/人
14時間
久しぶりの寝台列車。中段2席だった。
結論的には下段と中段をおさえるのがベスト!
ただ、予約がいっぱいでなかなか下段はおさえられないなー。

桂林→ 成都  電車(硬寝) 235元/人
(3630円)/人
27時間 
丸一日以上乗っていてさすがに飽きたけど、ベッドの下段をとれていたので、そんなにハードな移動ではなかった。
空調がなかったため移動距離の割に安かった。

成都⇔ 九寨溝 バス 片道140元/人
(2100円)/人
約10時間 
成都の新南門バスターミナルから片道約10時間。
けっこう故障で遅れたりするらしいが往復とも順調だった。
途中クネクネ・ガタガタ道をひたすら高速で走り続ける。