トップへ

世界一周旅行記

みんなの夢

データ

プロフィール

掲示板

リンク

メール
アフリカに来た理由の半分 (2010.10.31〜11.05 ザンジバル島)
アフリカ旅行記一覧へ 

ダルエスサラムで1泊し、翌日のフェリーに乗ってザンジバル島へ。

その日は日曜日で、
しかもタンザニアの大統領選挙の日だったようで、
お目当ての安いフェリー会社の便が休航。
しかも、その日は全部の会社を含めても1便しかない様子。

20ドルで行けるところを30ドル払ってフェリーに乗りました。


で、選挙。こいつが今回の旅をけっこう邪魔して。

予定ではザンジバル島のストーンタウンに船で着いたら、
ジャンビアーニという村まで移動するはずだったのですが・・・。

ザンジバルに着くと、
「今日はダラダラ(写真左の乗り合いバス)は
選挙で走ってないからタクシー乗れ」みたいなことを言われて。

あー、めんどくさいとなって、
結局お目当てのジャンビアーニまでは行かず、ストーンタウンで1泊。
▲乗り合いバス(通称ダラダラ)
 
 
ストーンタウンは世界遺産に指定されている町なのですが、
今回ザンジバルに来た目的はストーンタウンではなく。


むしろ、ザンジバルに来た目的というよりは、
アフリカに来た目的の半分!と言っても過言ではなく。
(もちろんもう半分はサファリー)



それはジャンビアーニという村にある
「マライカゲストハウスに行くこと」



日本人経営者の宿でスタッフとして働いていた
タンザニア人男性が始めた宿で、
旅人の間ではすこぶる評判がよい宿。

そんな宿があるなら行ってみたい!
     
  旅人たちの間で評判になっていること。


@宿に電気がない。

Aもちろんホットシャワーなんてあるわけない。

Bインド洋の海まで徒歩15秒。

C朝食・夕食付きで1泊10ドル。

D食事はオーナーのハジさんが作る日本食風料理あり。

Eもちろん醤油なんかも完備。

Fハジさんの付かず離れずの対応がグッド!

Gなにもすることがないからゆっくりできる。

H電気のない世界での星空は、かなりキレイ!

I治安はかなり良く、観光客も少ないのであまりボってこない。
▲醤油ですよ、醤油!  
  ね!?

興味わくでしょ。




特にアフリカの人や治安面に疲れた身にはかなり魅力的!





宿に着いて、とりあえず海で泳いで、
夕食に魚の煮付けと山盛りの白飯が出てきたときは、
「あぁ、ここまで来てよかったなー」と心の底から思いましたよ。
   
 
宿の目の前にあるインド洋。

こんなキレイなエメラルドグリーンの海を見たのは初めて。





毎日泳いで、貝を集めて。




そうしていると地元の子どもが集まってきて、
一緒に貝を拾ったり、海に入ったり。
     
  夜になると、電気のない世界ではもう真っ暗。


ハジさんがロウソクをつけてくれて、
ロウソクの灯りの元、みんなで食事を食べる。


空には満天に輝く星空。



流れ星や天の川なんかが見える。


贅沢な時間。


ここには電気もホットシャワーもないけれど、
それに代わる美しいものがある。
     
 
宿には子どもたちが集まってくる。


観光客が少ないからか、
しつこく物をねだってくる子どもは少なく(ちょっといたけど)、
遊んで欲しそうにしてくる。



カメラを向けると、
「うわー」といった感じに逃げていく。


ここではカメラにうつると魂をとられると教えられるのだろうか。


まあ、こうやって写していいよって言ってくれる子どももいるんだけど。
     
 
頭にドーナツをのせて、
子どもたちが売りにやってくる。

1つ6円くらい。



買うと、次の日にも必ずやってきて。


小銭がなかったので
「お札しなかいんだ」と言うと、

「なにか買ってお金をくずしてこい、待ってるから」


みたいなことを言ったり。
     
  宿には情報ノートがあって。

情報ノートっていうのは、まあ、日本人がよく集まる宿とかに、
過去に宿泊した旅行者がこんな情報あるよーという風に
ノートに情報を書いていくものなんだけど。

例えば、
「ナイロビの宿は●●がよい!」とか。

ちなみにナイロビの宿の情報ノートには「マライカ最高!」みたいな
情報もあったりして。そうやって
旅人はメモしてその情報を信じて行ってみたりするわけなんですね。


これって本当に素敵じゃないですか。

で、マライカの情報ノートに書いてあった面白い情報。


ストーンタウンの筋トレ情報。 いらねー!マジいらねー!
でもこれもいる人には喉から手が出るくらい
嬉しい情報だったりするわけなんですよねー。おもしろい。
     

ジャンビアーニには目の前にある海以外には特に観光するとこともないので、
1日中海を眺めて本を読んだり、
海に入ったり、お酒やコーラをを飲んだり、
夜になればハジさんの作る夕食を食べて、満天の星を見る。

そうやって3泊があっという間に過ぎてしまった。

そして11月3日、僕たちはここで結婚記念日を向かえました。おめでとう、ありがとう。
 
前の日記←
→次の日記

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


結婚記念日おめでとう!
おめでとうクリックをしてみよう!