トップへ

世界一周旅行記

みんなの夢

データ

プロフィール

掲示板

リンク

メール
ゆめどりむしの大移動 (2011.1.04〜08 バリローチェとか)
南米旅行記1一覧へ 

この旅最長の15泊をした汐見荘と、
そこで合宿生活をともに過ごした友人たちに別れを告げ、
チリを南下することに。



旅を続けていて、
本当にたくさんの出会いと別れを経験している。



汐見荘メンバーとは、またどこかで集まって会いたいなー。


日本に帰ったら、みんなで集まりましょう!


よろしく、名プロデューサー・ツカサ氏!
     
  ということで久しぶりの移動。


これからのルートは、
とにかく南米最南端の町・ウシュアイアへ向けて南下していくもの!
いよいよパタゴニアです。

1月23日のウシュアイア発のフライトを予約しているので、
意外に時間がないのだなー。

まずはビーニャから2時間かけてサンチアゴを経由し、
サンチアゴから11時間の夜行バスに揺られてオソルノへ。
そしてそこからさらに6時間かけてチリからアルゼンチンへ渡り、

「南米のスイス」の異名をもつバリローチェへ!
ほんまかいな。


で、そこで1泊した後そこから30時間かえてエルチャルテンへ。
ちょっと、ちょっと、南米大きすぎっす。
 
  バリローチェでは、
なぜかチョコレートが有名ということで食べておきました。



ゆめどりむしの甘党担当者の僕(もちろん、お酒担当は彼女)は、
ボリボリ食べたわけですけどねー。

「まあ、おいしいなー」

濃い味だけど、特別おいしいわけでもないかなー。



という感じで、
バリローチェでは湖でのんびりしながら、チョコを食べるくらいしか
興味がなかったので、さっと次の目的地へ出発することに。
   
  そして、翌日にはエル・チャルテンへ向けて30時間移動。



日本では東京から実家の富山に帰る4時間ですら
「遠いなー」と思っていたのに、30時間ですからねー。


長旅をしていると時間の感覚が狂ってきます。



5時間くらいの移動だったら「今回は近いなー」
10時間くらいだったら「まあ、夜行ですぐ着くね」
20時間くらいだったら「ちょっと遠いなー」
30時間くらいで「今回は頑張らないとなー」

くらいの感覚になってきます。



人間の慣れってこわすぎる!
   
  旅をして初めて知ったことは数え切れないくらいあるのですが、
その中の1つが、

「イスラエル人のバックパッカーは、世界中でかなり多い」ということ。


まあ、これには理由があって、


イスラエルでは徴兵が終わってから、
貯まったお金で世界を旅をする人がかなり多いということらしいです。

もう、かなりの数の若いイスラエル人バックパッカーがいます。
統計とかとってないけど、世界一多いんじゃないかなー。
めっちゃ体育会系でうるさいです。


その中でも特にパタゴニア地方という厳しいエリアでは血が騒ぐのか、
トレッキングにやってくるイスラエル人が集まりまくっています。

もう、多すぎ。
   
  さあ、いよいよパタゴニアの入り口・バリローチェから、
いよいよ本格的なパタゴニア地方へ。

アウトドアメーカーで有名な「Patagonia」のパタゴニアですねー。


パタゴニア地方は、本当に自然豊かで美しいです。
そのぶん、風がめちゃくちゃ強くて、気候も厳しい場所ですね。
すごく魅力的な地域です。



さあ、今回の大移動を締めくくる30時間の移動。


の、バスが快適バスとは程遠いボロバス。
おいおい、南米のバスって快適なんじゅなかったのー?

エジプトとかでよくやってたエンジン部分に熱がたまらないように、
バンパーを開けて冷やすってやつを、なぜかやってるし。
▲写真で見るよりも実物はもっとボロい    
  隣にいた体育会系のイスラエル人パッカーも
「え、これ?大丈夫?」と笑ってました。

ちなみにバスの乗客の半数以上がイスラエル人で、
学校の遠足のようにワイワイやっていました。
もうノリが体育会系すぎる!


まあ、とりあえずバスに乗って出発。
長時間移動も、なんとかなるもんですよ。

食事も買い込んでおいたし、トイレもバスにあるし。



途中、
「じゃあ、ここで2時間休憩!」

とか言われて、なにもないところで2時間待たされたりもしました。

 
  悪路のルート40を通って、ぬかるんだ道でタイヤがスタックしてしまい、
みんなでバスを押したりしながら、
(もちろん体育会系のイスラエル人はおおはしゃぎ!)
バスは3時間半遅れて無事に到着。


30時間の末にエルチャルテンへ着いたのが、
深夜2時半。


いやいやいや。

なんで?
もっと早い時間到着とか無理なの?

とか思うのですが、まあ仕方がない。


こんなこともあるだろうと予約しておいた宿へ直行し、
即効で寝たのでした。
     
     

4日の夜にビーニャを出て、
8日の午前2時半に着くまでにバスに乗っていた時間は49時間!

これにバスの待ち時間とか加えると、
余裕で55時間とか行くような気がしますねー。

あー、こわいこわい。

ゆめどりむしの大移動でした。
パタゴニアの移動はまだまだ続くよー。

(ひろし)
   
前の日記←   →次の日記

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


日記が楽しかったらクリックお願いします。
1クリックで、ランキングが上がります。