トップへ

世界一周旅行記

みんなの夢

データ

プロフィール

掲示板

リンク

メール
マチュピチュはどこにある? (2011.3 28〜3. 31 マチュピチュ)
南米旅行記2一覧へ 

クスコからいよいよペルーのハイライト・マチュピチュへ。


クスコからは大きく分けると2通りの行き方があって、



@値段はちょっと高いけど楽チンに電車で行く方法

A値段は安いけど
バスとコレクティーボを乗り継いで、最後に3時間くらい歩く方法。



まあ、どっちでもよかったんだけど、
せっかくだからと行きはAで行くことに。

最後の歩きは線路を歩くらしく、なんだか楽しそうだし。
 
  で、朝7時にクスコを出発。

バスを6時間乗って、サンタマリアに到着。

サンタマリアからコレクティーボに乗るんだけど、
前日の雨で土砂崩れになっていたらしくコレクティーボは
いつもと違う道を通ったようで、2時間かかった。


この道がギャグみたいなガケ道で、ひたすら危険な道を車で走る。
落ちたら即死だっただろうなー。
ラパスのデスロードの10倍は危険そうだった。

で、ここまでってところで降ろされて、そこから歩いて15分。

この道も、ついさっき土砂崩れしましたって感じの道で、
たまに下に岩が転がっていくんだけど、これもギャグみたいに
大きな岩が勢いよくバウンドしていって、あれも当たったら即死。

即死の道、多すぎ。
 
  そこからもう一度コレクティーボを30分乗って
ようやく線路の道を歩き始めたときは午後4時くらい。


最後は真っ暗になりながら
2時間30分くらいかけてマチュピチュ村に到着。


ヒデさん、タキさん、ナオキ君、お疲れ様。
みんなよく出てくる名前だなー。本当によく会います。



お菓子くらいしか食べずに歩いていたので、
マチュピチュ村で食べたバンビーノっていうレストランのチキンや
サラダがうまくて、テンションがかなり上がった。


さて、いよいよマチュピチュです。
     
  空中都市・マチュピチュ。

日本でもこの地を憧れている方は多いでしょう。

この旅で本当に何度も思ったことだけど、
「まさか、自分が本当にここに来るとはなー」と嬉しくなった。




15世紀前半、スペイン軍によってインカ帝国が征服され、
スペイン軍はインカの都市を壊しまくった。

その中で僻地にあったこのマチュピチュはスペイン軍に見つからず、
無傷のまま残り、1911年(ちょうど今から100年前!)
アメリカ人・ハイラム・ビンガムによって発見されたそうな。

スペイン軍によって徹底的に破壊されたインカの都市が、
ほぼ完全な状態で残されていることは「奇跡」らしいです。
(歩き方参照)
▲マチュピチュと、その奥にそびえるワイナピチュ(山)    
  さて、マチュピチュ講義が終わったところで・・・。


マチュピチュ、雨降っとるやんか。


ということで、この日は雨。見事な雨。



まあ、いつかは晴れるだろうということで、とりあえず山に登ることに。


マチュピチュ遺跡に来ると、なぜか皆さんワイナピチュという山に
登ることが定番らしく、僕たちもそれに登ろうと思っていました。

ただ、これを登るには朝5時半から並んで
整理券をもらわないといけないとか。
なんかディズニーランドみたいでしっくりこない。
   
  なんかもっと楽しいことないかなーと思っていたら、
マチュピチュ遺跡は「ワイナピチュ山」と「マチュピチュ山」に
囲まれた遺跡だとかなんとか。


そのマチュピチュ山って登れるの?と思って調べたら、
ワイナピチュ2690m、マチュピチュ山2940mと書いてあるじゃないか。
おお、ワイナピチュより高い!いいじゃないか!


インフォメーションで聞くと、
「わたしはマチュピチュ山のほうが美しいと思うわ」みたいなことを
お姉さんが言ってるし。

これはマチュピチュ山に登りましょう!ということで登る。
人もあんまりいないだろうし。

ただ、これがキツかった。
ずっと登りで、無酸素運動が続く。ただ登るのみ。
▲マチュピチュ山の5合目くらいからの景色    
  で、1時間ひたすら登って頂上から見た景色。


いやいや、なんも見えんやんか!


全面霧に覆われていて、本当に何も見えない。

まあ、とりあえず待ちましょうということでひたすら待つ。


たまに霧の合間にマチュピチュとは違う方向の下界が見えて、
「うおー、たけー!」とか言って興奮しているんだけど、
マチュピチュは全く見えない。


結局、1時間15分くらい経過した頃に
少しだけ晴れて、15秒くらいだけマチュピチュが見えた。

「見えた、見えた」と興奮してみんなでワイワイやっていたが、
よく考えたら笑えるくらい見えてない。

でも、まあ見たけどね。ワイナピチュもマチュピチュ遺跡も。
▲貴重な15秒。    
  午後からは晴れるだろうなーと思っていたら、
これが面白いくらい全然晴れない。


というか、雨が強くなってくる始末。





こうなると、せっかくのマチュピチュなのに全然楽しくない。



寒いし、雨に濡れまくるし。

ただ、耐える感じ。
   
  僕は特に遺跡好きなわけじゃないんだけど、
マチュピチュは見ていてかっこいいなーと単純に思った。


鮮やかな段々畑。

雨だったから見られたんだけど、
水が勢いよく流れる道がしっかりとできていたり。




昔、家族旅行で父さんが好きな日本の遺跡みたいなのを
見に行ったりしていたことを思い出した。

え、家族で福岡に行って、ここに行くの?みたいな。
なんてところだったかな?すごい渋いところ。

そんな父さん。
父さんを連れてきてあげたいなーとか思ったり。
   
  ただ、この日は全くマチュピチュに呼ばれていなかったようで、
1日中雨がやむことはなかった。





全身ずぶ濡れ。

天気がいいときに、ゆっくりこの遺跡は見たいなー。






この1年で、観光をするタイミングでこんな雨が降ったのは初かな?
まあ、仕方ないですねー。
     
  翌日。
帰りは電車で帰ろうということで、33ドル払って電車に乗った。

天井には窓がついていて、いい感じに光が入ってくる。
オシャレな電車。


そして。
気持ちよいくらいの青空。
雨ってなんですか?くらいの勢いで、青い空が見えている。




ああ、マチュピチュには呼ばれてなかったんだねって感じ。

天気がよいだけで全然印象は違うんだろうから残念だったなー。
▲マチュピチュへ行く電車はすごくキレイで快適    

<マチュピチュ情報>
行き: バス・コレクティーボ・歩きで35ソル(1050円)、12時間。詳しくはこちら
帰り: 電車・コレクティーボで33ドルと7ソル(3000円くらい) 5時間。

マチュピチュ村のサッカー場の近くにあるバンビーノというチキン屋が7ソルで
サラダ食べ放題、チキンもおいしいとお得。

マチュピチュ村は日本の温泉街みたいでいい感じの雰囲気だった。

(ひろし)
   
   
前の日記←   →次の日記

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


日記が楽しかったらクリックお願いします。
1クリックで、ランキングが上がります。