トップへ

世界一周旅行記

みんなの夢

データ

プロフィール

掲示板

リンク

メール
世界で一番行きたかった場所(後半) (2011.2 14〜2. 21 ウユニ)
南米旅行記2一覧へ 

さて、しつこいようですが
ウユニ塩湖です。




なんせ世界で一番行きたかった場所なので
前後編でお送りしています。
   
  ウユニ塩湖はなんてゆうか
いい年をした大人が、本当に子どもに返ったみたいに
はしゃげる場所。




意味もなく組み体操をしたり。
 
  意味もなく胴上げされたり。
   
  和気あいあいと
しかし大真面目に続く撮影大会。



「もうちょっとこっち!あ〜行きすぎ!」




「風船投げるタイミング遅いよ!」

「投げたらすぐ拾って〜。そこ走る!」
   
  塩湖に入る前に、ウユニの街の市場で
風船やらゴジラやらトラックやら
いろいろなおもちゃを仕入れている時の
みんなの目きらきらしすぎ。




ほんとにいい年した大人なんですけどね。
▲タキさんのカメラ    
  今回、最もいい大人のひでさんによる





三線ワールドツアーinウユニ塩湖も

だいぶ盛り上がったようで。
▲タキさんのカメラ  
    こちらは、精神と時の部屋で修行をするの図。
    こうして
見渡す限り360℃、雲と空しかない
昼間の景色を思いっきり満喫。
    塩のホテルには子どもがいたので
いい大人が遊び終わった
風船やらおもちゃやらをあげるとすごく喜んでくれた。
     
  泊まった塩のホテルの周りは、延々と続く塩の湖だけ。



夕日、月、星空、朝焼け
それらの絶景を見るための待ち時間
ホテルの中でまたみんなで遊ぶ。
     
  今回、流行ったのは「ドス」というゲーム。




そうです、「ウノ」のパチもの。
ラパスで売ってるらしい。





これがおもしろくて
ろうそくの火の中、夜中まで盛り上がった。
     
  そうして二日目の朝、ひでさん以外は念願の朝焼けを
拝むことができた。
 
     
  言葉にならない。 
▲ノリ君のカメラ    
  いい年してはしゃぎまくった大人たちで記念撮影。



今回のメンバー、本当に一緒に行けてよかった。
楽しい思い出をありがとう!
 

立派な遺跡や、美しい景色を
今までたくさん見てきたけど、ウユニはやっぱり一番かもしれない。

こんな景色が地球上に存在していることに
そしてそれは自然が作り出したものであることに
素直に驚きと感動が押し寄せてくる。

そして一緒に最高の思い出を作っってくれた友人の温かさ。
ウユニを思い出すとき、いつもみんなの笑顔が同時に出てきて
私たちをまた温かくしてくれる。

一生忘れられない最高の場所になった。

(なお)
   
前の日記←   →次の日記

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


日記が楽しかったらクリックお願いします。
1クリックで、ランキングが上がります。