トップへ

世界一周旅行記

みんなの夢

データ

プロフィール

掲示板

リンク

メール
ストで足止めinチリの結果




ストが始まったのが、多分12日くらいから。
12日の夜にバスのチケットを購入しようとバスターミナルに行くと、
「ナタレス行きのバスは出ていない」と言われた。


で、ストが終わったのが18日とか19日とか。


ストの時期にバスに乗ってナタレスに向かった人は、国境で追い返されたりしたみたい。



ナタレスに行くため、チリとの国境まではバスで行くんだけど、
国境で「入国できない」と言われ、バスはカラファテに帰っていく。

バス代は返ってこない・・・。




完全に交通機関がマヒし、
カラファテ、ナタレスで身動きがとれない人たちがかなりいたみたい。
僕たちもその1人。





実際、僕たちが泊まっていた藤旅館はいつも満室だったし、
藤旅館に入れなかった旅人が、4時間後くらいにまだ他の宿を見つけられないということもあった。




僕たちは、まあ藤旅館でのんびりすればいいんだけど、
ウシュアイア発ブエノス行きの飛行機が23日にあるわけで。


なんとしても23日までにはウシュアイアに行かなければいけないのです。





結局、ストがけっこう長引いたから
パイネ行きは諦めて、ウシュアイアへ直接行くことに。



で、ウシュアイアへのバスチケットを買おうとターミナルに行くと、
1週間先まで満席とか。



ありえねー。




まあ、困ったから飛行機を調べると、これはチケットがある。



バスが20時間くらいで360ペソ(7200円)、飛行機が1時間で560ペソ(11200円)

許容範囲ということで、結局飛行機でウシュアイアへ行くことにしました。







教訓。

今回、こうやってストが起きなかったら、
パイネに行って、ウシュアイアに行って、23日にブエノスに行くフライトに乗ってと、
完璧な計画だった。


ただ、結果としてパイネには行けなかった。




ウシュアイア発のフライトが決まっちゃってたからね。



早い時期に航空券をおさえると「安い」という素晴らしい利点はあるが、
そのぶん「時期」に縛られてしまった。





せっかくここまで来ているから、ゆとりを持って旅をしたいなーと思いました。


まあ、航空券を早めに買うことは大切なんだけどねー。

時と場合によるかと。あと金額の幅とか。
今回はそんな急いで買う便でもなかったなー。




まあ、とりあえずウシュアイアに行って、23日の飛行にに乗って、
ブエノスアイレスに帰ってきました。



ブエノス暑いよー。





←前のノート →次のノート
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 世界一周サイトに登録しました。
1日1回のクリックで、ランキングが上がるので押してみてください、
はい、押してみよう!