トップへ

世界一周旅行記

みんなの夢

データ

プロフィール

掲示板

リンク

メール
先生になろう




世界をグルっと旅行してみて、もう一度先生になってみようと思ったので、 
教員採用試験を再度受け、運よく合格できたので4月から先生になります。 



旅行前に、たくさんの人から「帰ってきたらどうするの?」と聞かれ、 

ある人には「もう一度先生になるつもり」と答え、 
またある人には「旅行をしてから考える」と突っ張り、 
一人二人くらいには「写真とかで食べていけたら最高だよね」とかも言ったかもね。 



でも、いろいろと想像したときに、どういうわけか 
「自分は先生になる」っていうイメージしか浮かんでこなかった。 



実は僕には憧れの職業がいくつかあって、 
例えばそれはスポーツライターだったり、カメラマンだったり、はたまた小説家だったり。 

写真と文章で本を出してみたいなーとか、小説を書いてみたいなーとか。 



色々とやってみたいことはあって、 
今はいくらでもそれに向かってチャレンジできる状態で、むしろチャンスでもある。 



それでもどういうわけか、僕の心の中には「先生」っていう仕事がずっと根に生えていて、 
他の仕事をしている自分ってのがあんまり想像できなかったりする。 


高校生の頃から憧れていた仕事で、大学を卒業して先生になった。 
そして、旅行に行くために仕事を辞めた。 


ただ、なんとなくまだやりきっていないという思いがあって、 
もう一度先生になって勝負してみたい、という感情が自然にこみ上げてくる。 

自分がこの旅行を通して感じたことや、 
夢を持って、それに向かって行動することの素晴らしさなんかを伝えられたら最高だなー。 
とか、想像したり。 




今回の旅行に行く前、 
瀬尾まいこさんの「ありがとう、さようなら」というエッセイを読んだ。 

瀬尾さんはとても素晴らしい小説家でもあり、現役の先生でもある。 


そのエッセイには、 
「先生」という職業の酸いも甘いも本当によく描かれていて、 
なんていうか、やっぱり先生っていいよなーとか思ったりした。 


いつか、僕も瀬尾さんみたいな先生であり、小説家になったりするかもね。 
はたまた写真展やったりね。本出したりね。 



わりと大きなことを言って、それを周りに伝えて、 
自分を追い込んで、それでやってやろうというタイプの僕としては、 

ここでちょっと大きなことを言って自分を追い込んでいこうかなーと。 


まあ、そんなことで4月から先生になることになりました。


みなさん、どうぞよろしくお願いします。 


(ひろし.2011.10.5)


←前のノート →次のノート
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 世界一周サイトに登録しています。