トップへ

世界一周旅行記

みんなの夢

データ

プロフィール

掲示板

リンク

メール
南米の宿A(ボリビア・ペルー・ブラジル・エクアドル・コロンビア) 〜世界一周中に泊った宿の情報です〜


   
ボリビア トゥピサ ・ウユニ ・ウユニ塩湖 ・ラパス     
ペルー ・リマ リマ2 ・クスコ ・マチュピチュ村 ・プーノ ・アレキパ ・ワカチナ
ブラジル ・サンパウロ
チリ ・イースター島
エクアドル ・グアヤキル ・サンタクルス島(ガラパゴス) ・イザベラ島 ・サンクリストバル島 ・キト
コロンビア ・イピアレス ・ポパヤン ・ボゴタ


【ボリビア・トゥピサ】  Residencial Villegas
場所 Iバスターミナルを背にして右側の出口から出て、
徒歩1分。ユースホステルよりも手前で、レストランと併設


料金 ツイン、シングル・1泊25ボリ(円)/人
部屋にシャワー40ボリ(円)/人
施設について シャワー・トイレ共用、野良無線ラン、

開放感のある広々とした宿。
ペンション園田の情報ノートに書いてあった。
来てみると、敷地は広くて開放感があるし、ツインでこの値段だし、
宿の人たちは親切。
宿に入って左手にある共用トイレ・シャワーの近くの部屋の1階と2階は
野良の無線ランが拾えてネットが繋がった。


総合評価:★★★★




【ボリビア・ウユニ】  Hotel Avenida
場所 Av.Ferroviana11
鉄道駅を出て右に進んだところ。


料金 ツイン、シングル・1泊35ボリ(390円)/人
施設について シャワー・トイレ共用、机、イス

なぜか日本人が集まる宿。
宿はキレイで個室で洗濯スペースもあって、設備面では悪くないんだけど、
なぜか水に対してものすごく厳しくてちょっと居心地わるい。
なぜか夜9時になると1つをのぞいてトイレのカギをかけて入れなくなるし、
シャワーはもちろん、蛇口の水さえ出なくなる。
う〜ん、厳しい。
部屋は50部屋くらいあって、欧米人もたくさんいる。


総合評価:★★★




【ボリビア・ウユニ塩湖】  Playa Blanca
場所 ウユニ塩湖の中。

料金 ツアー料金に含まれる。(Blisaツアー)
ツアーは1泊2日で4食付で370ボリ。
延泊は3食付で1人175ボリ。
施設について 施設内のものは全て塩でできている。
シャワーなし、トイレは8時から5時まで有料5ボリ、
それ以外の時間は無料。
電気も夕食くらいまではつけてくれるけど、終わると発電機が消えてロウソクになる。
お土産屋、子どもがかわいい。

ウユニ塩湖内にある塩のホテル。
施設内のものは全て塩でできている。
電気は発電機しかなくて夜になるとロウソクになる。
トイレは時間によっては有料。水も出ません。
雨季に行く場合は、空のペットボトルに水道水をいれていって、
手洗い用とかに持っていくことをオススメします。
朝日、夕日、星空なんかが見れて泊まる価値はあります。
もし、もう1泊したいと思ったらブリサツアーなら上記の値段くらいで延泊できるので、
もう1泊粘ってみてもいいと思います。

総合評価:★★★




【ボリビア・ラパス】  Hotel Sagarnaga
場所 Sagarnaga通り300台。
ホテルアレムのちょっと下の宿。
料金 ツイン・1泊50ボリ(650円)/人
シングル・1泊70ボリ(910円)/人
施設について エルソラやアレムに比べて完全にホテル
熱々シャワー・トイレ付き、無線ラン、朝食、
タオル、トイレットペーパー毎日ベッドメイクしてくれる。

旅人タキさんからの紹介。
ラパスには多く安宿があるけど、ここは安宿というよりもホテル。
他の宿が1泊30〜40に比べて少し高いけど、
そのぶんトイレ・熱々シャワー付きの部屋だし、朝食にはコーヒーとオレンジジュースにパンが付いてくる。バターとジャムもプラスチック容器のものでなく、皿にいれてくれておいしい。
Wi-FIはけっこう遅め。プツプツ切れる。
毎日ベッドメイクをするかも聞いてくれるし、タオルやトイレットペーパーももらえるのは嬉しい。
難点があるとすれば、部屋が寒いこと。

総合評価:★★★★




【ブラジル・サンパウロ】  鹿児島県人会館
場所 Rua Itajobi,54 pacaembu sao paulo。
メトロのクリニカス駅で下車し、墓場を左手に見て直進し、
一本目の交差点を左折。
一本目の交差点を渡り、左側の三軒目の建物。


料金 1泊25レアル(1250円)/人
施設について シャワー・トレイ共同、有線ラン、
プール、キッチン、洗濯機。

東洋人街のリベルタージにあるわけではないんだけど、
値段と設備につられて利用する人が多い宿。
プールはあるけどキレイではないんで入る人はいなかった。
洗濯機は無料で使用できていい感じ。
カーニバル期間中でも値段が変更することなく泊まれて良心的。
泊まると、リベルタージにある津軽という居酒屋で15レアルでビール・ちゃんぽんが食べられるクーポンをもらえる。
ベッドが埋まったら会議室にマットレスを敷いて寝る。
まあ、それでも全然快適。

総合評価:★★★★★




【ペルー・リマ】  Hotel Europe
場所 サンフランシスコ教会の目の前。
エスパーニャやサンフランシスコの通りからサンフランシスコ教会に向かって左折した通りにある。
料金 ツイン・1泊14ソル(420円)/人
施設について シャワー・トレイ共同、野良の無線ラン、
部屋にコンセントなし、あまりキレイではないが安い。

リマの中心地にある激安宿。
他の安宿はドミで20ソルくらいするんだけど、ここは個室で14ソル。
ただ、部屋にコンセントも窓もない牢屋みたいな部屋になる。
僕たちが泊まったときはなぜか地元民の文化祭みたいなのにかぶっちゃって、
インディヘナのおばちゃんたちやその家族がたくさん溢れていた。
みんなでワイワイ楽しそうにしていた。

総合評価:★★




【ペルー・リマ】  Hotel Espana
場所 Rua Jr.Azangaro105 Lima。
サンフランシスコ教会のすぐ目の前。
リマでもう1つ有名なホテルサンフランシスコも同じ通りにある。
料金 ドミ:1泊20ソル(円)/人
ツイン:1泊45ソル(円)/部屋(シャワー共用)
ツイン:1泊55ソル(円)/部屋(シャワー付き)
施設について シャワー・トレイ、無線ラン、扇風機。
調度品多数。きれい。

安宿なんだけどホテルに近い雰囲気。
不思議なくらい豪華な調度品(絵とか彫刻とか)が多数ある。
部屋は上の階に行くほど快適になっていく気がする。
下の階は窓も小さかったりなかったりであんまりよくはない。
最上階にあるシャワー付きの部屋に泊まったけど、昼間は風通しがよくてすごく気持ちが良い。その部屋に泊まるのだったら★5つ。
宿内は清潔。無線ランも入っている。
ただ、1階にある玄関から入って正面にある3番の部屋で南京虫が発生していたので注意。
他の部屋では被害は聞こえてはこなかった。

総合評価:★★★★




【チリ・イースター島】  Hostel Peteroatam
場所 空港からタクシーで1500ペソ。
歩いて15分。
中心部からも近いので立地はよいです。


料金 ドミ:1泊6000ペソ(1008円)/人(シャワー付き)
ツイン:1泊8000ペソ(1344円)/部屋(シャワー共用)
施設について シャワー・トレイ、無線ラン、共有スペース、キッチン。
居心地よし。

最近日本人旅行者で評判のこの宿。
キッチンあり、かなり遅いけどWi-Fiあり(acerは使えない人ばっかりだった)、
共有スペースあり、値段もそこそこで、なかなか居心地がよく、人気がある。
中心部からもけっこう近くて、なにかと便利。
朝8時くらいから中心部では市場が開催されていて、比較的安く食材を買える。
ただ、玉ねぎが1つ1ドルくらいはするけど。
僕たちが行ったときは宿のオーナーのローリーさんがいなくて値段が安くなったけど、
今は交渉しだいだけどだいたいの部屋が8000ペソするみたい。

総合評価:★★★★★




【ペルー・クスコ】  Hostel SAMANAPATAU
場所 Rua Samanapata420
Suecia通りとResbalasa通りの間にある小さい道を登る。
けっこう登りがしんどい。
バスターミナルからタクシーで12ソルだった。


料金 1泊20ソル(600円)/人
施設について 電気シャワー・トレイ、無線ラン、キッチン、朝食付き。
高台にあるので眺めがかなりよい。

そこそこ日本人に評判の宿。Wi-Fiがあって、朝食がついてってことかな。
他にもシングル15ソルくらいで泊まれる宿があって、
バスターミナルで客引きをしているみたい。
高台にあって眺望がかなりよい。宿の人もいい人。
ただ、時期の問題もあるのかもしれないけど水が不足しているようで、
言えば流してくれるんだけど、水を止めていることがけっこうあって面倒。
シャワーは電気でやっぱりちょっと寒い。

総合評価:★★★★




【ペルー・マチュピチュ村】  Hostel Willcamayo
場所 線路沿いで渡るとアルマス広場がある。
線路を歩いて村に向かっていったら客引きがいた。
ピザ屋とかレストランが並ぶ通りにある。


料金 ツイン:1泊10ソル(300円)/人
施設について シャワー・トレイ、タオル

マチュピチュ村に向かって線路を歩いていたら客引きされた宿。
きれいで個室でシャワー付きで1人10ソルと格安。
立地も線路を渡るとアルマス広場があって便利。
マチュピチュ村はかなり観光地化されていて、意外に過ごしやすい。
欧米人向けのレストランがかなりあって高いんだけど、
サッカー場の近くには安食堂がいくつかあって、Bambinoという店はかなりよい。
スモークされた焼きチキンとポテト・ご飯、サラダバーで7ソル。オススメ。

総合評価:★★★★




【ペルー・プーノ】  Hostel Manco capac in
場所 Lam航空と中央市場の間の通り。
チキン屋の向かえ。
バスターミナルからタクシーで3ソル。


料金 ツイン:1泊20ソル(600円)/人(バス・トイレ付き)
シングル:1泊20ソル(600円)/人(バス・トイレ付き)
施設について シャワー・トレイ、タオル、無線ラン、情報ノート

プーノと言えばここって感じの宿らしいです。
とりあえず設備としては問題なし。
シャワーは熱々が出た。
宿のおっちゃんがいい感じの人だった。
ちなみに宿でツアーを申し込むと1泊2日で70ソル。
代理店で申し込んでも同じ料金。日帰りは宿30ソルだけど、代理店25くらいはいける。

総合評価:★★★★





【ペルー・アレキパ】  La Reyna
場所 Calle Zela 209。
セントロまで徒歩5分。


料金 ツイン:1泊21ソル(630円)/人(バス・トイレ付き)
シングル:1泊17ソル(510円)/人(バス・トイレなし)
施設について シャワー・トレイ、無線ラン、朝食付き、
タオル、トイレットペーパー

建物はそんなに新しくないけど、なんだか居心地がよかった宿。
屋上がとても気持ちよくて開放的。
朝、天気のよい時間帯に屋上で朝食をとるとかなり身に染みた。
多分、ずっと寒い地域だったからよけいに嬉しかったんだと思う。
宿の女性も親切で日本人好き。すごく良くしてくれた。
屋上ではネットがつながりにくいけど、野良無線があってそれを拾えた。

総合評価:★★★★★




【ペルー・ワカチナ】  Hostel Rocha
場所 湖まで徒歩30秒。
イカからタクシーで3〜4ソル。

料金 ツイン:1泊20ソル(600円)/人(バス・トイレ付き)
シングル:1泊20ソル(600円)/人(バス・トイレなし)
施設について シャワー・トレイ、プール(汚い)、キッチン(汚い)

ワカチナではCASA DE ARENAって宿が有名らしいけど、
同じ値段でドミらしいので、こちらを選択。
宿はまあ、安宿って感じ。
ただ、サンドバギーのあとは砂だらけになるので部屋にシャワーがあって助かった。

総合評価:★★★




【エクアドル・グアヤキル】  Hotel Ecuador
場所 P.Moncayo1117
バスターミナル・空港からタクシーで4ドルくらい。

料金 ツイン:1泊5.5ドル(円)/人(バス・トイレ付き)
AC付きツイン:1泊6.25ドル(円)/人(バス・トイレ付き)
施設について 水シャワー・トレイ、エアコン、テレビ、
タオル、トイレットペーパー

久しぶりに辛気臭い部屋だった。
部屋は窓なし。
シャワーは付いてるけど水シャワーのみ。
まあ、グアヤキルは蒸し暑いのでそんなに問題はないけれど。

総合評価:★★




【エクアドル・グアヤキル】  Hotel SANDER
場所 Hotel Ecuadorの斜め右前。
料金 ツイン:1泊8ドル(円)/人(バス・トイレ付き)
AC付きツイン:1泊9ドル(円)/人(バス・トイレ付き)
施設について 温シャワー・トレイ、エアコン、テレビ、無線ラン
タオル、トイレットペーパー

金に物を言わせて快適な宿に引越し。
1人3ドル足せば、かなり快適な宿に変わるからこの辺の駆け引きは難しいところ。
まあ、とりあえず僕たちは快適宿へ行くことに。
宿はWiFi付き、大きな窓、清潔。あとはグアヤキルでは珍しくホットシャワー。
快適だった。

総合評価:★★★★




【エクアドル・ガラパゴス・サンタクスル島】  Hostal SANTACRUZ
場所 Av.Baltraを北に向かい右手にある。l
2月18日通りに行く手前。港から歩いて5分ちょい。

料金 ツイン:1泊10ドル(円)/人(バス・トイレ付き)
施設について 水シャワー・トレイ、エアコン、テレビ、キッチン
タオル、トイレットペーパー

港からそこそこ近く、キッチンも使える宿。
シャワーは水しかない。
宿のスタッフがかなりいい人たちで、快くキッチンを使わせてくれたり、
色々な説明を笑顔でしてくれたりした。

総合評価:★★★★




【エクアドル・ガラパゴス・サンタクスル島】  La Casa de Judy
場所 港から北東に伸びているCharlesDarwin通りをまっすぐ進み、
市場をこえてダーウィン研究所の手前にあるScalecia通りを左に曲がり、バスケコートが見えたら右に曲がって、坂をのぼったところ。
港から歩いて15分くらい。
タクシーで1台1ドル。



料金 4人部屋:1泊10ドル(円)/人
ツイン:1泊15ドル(円)/人
施設について シャワー・トイレ付き、プール、無線ラン
各部屋がアパートメントタイプで各部屋にキッチン・冷蔵庫付き
タオル。石鹸。

旅人ツカサ君がガラパゴス滞在中に泊まってよかったと言っていた宿。
実際かなり素敵宿。
各部屋にキッチンや冷蔵庫がついているので自炊し放題だし、清潔。
ネットもそんなに遅くないし、ジュディーさんも気さくでいい感じ。
かなりオススメ。
値段は2人だと1人15ドルらしいけどもしかしたディスカウントがきくかも。

総合評価:★★★★★




【エクアドル・ガラパゴス・イザベラ島】  Hotel SanVicente
場所 港から歩いて15分。
セントロから歩いて5分。
聞きながら行くとわかると思う。

料金 3人部屋:1泊10ドル(円)/人
(基本は15ドルかも)
施設について シャワー・トイレ付き、クーラー、野良無線ラン
キッチン、シュノーケルレンタル。浄水。タオル、石鹸。

イザベラ島の中心地にある宿。
こちらもかなりの素敵宿。
20ドルから始まった料金だが、結局1人10ドルまで下がって了承してくれた。
最上階にある3人部屋はかなり素敵でクーラーもガンガンつくし、最高だった。
ツアーと提携している宿のようで、食堂やキッチンではツアー用の料理を出していた。
ただ、交渉次第ではキッチンも使えて、かなり広くて便利なキッチンが使えた。
宿の人も親切。

総合評価:★★★★★




【エクアドル・ガラパゴス・イザベラ島】  Hostal Volcano
場所 Av.AntonioGil沿い。
港から歩いて15分。
セントロから歩いて5分。



料金 2人部屋:1泊10ドル(円)/人
施設について シャワー・トイレ付き、クーラー、無線ラン
キッチン、タオル、石鹸。虫多数。

上記の宿が2泊以降はフルだったので移動した。
海沿いにあって部屋やキッチンからビーチが見える。
ロケーションはかなり素敵。
蚊やハエなどの虫が多いのと、あまり清潔ではない。

総合評価:★★★★




【エクアドル・ガラパゴス・イザベラ島】  Hotel Los Cactus
場所 上記のボルケーノからビーチとは反対方面に歩いたすぐ。
宿の看板に色々と書いてある。



料金 4人部屋:1泊10ドル(円)/人
施設について シャワー・トイレ付き、クーラー、無線ラン、冷蔵庫
浄水。タオル、石鹸。

ボルケーノが虫が多くてきつかったので移動。
1泊しかしていないけど最上階にある4人部屋はこれまたかなりの素敵宿。
ガラパゴスはかなりレベルが高い。
部屋からは海、フラミンゴ池が見える。部屋は天井も高くて清潔。
クーラーも効くし、部屋に冷蔵庫もある。
キッチンがあれば100点かな。

総合評価:★★★★★




【エクアドル・ガラパゴス・サンクリストバル島】  Hostal San Francisco
場所 Av Charles Darwin沿い。
港から海と反対方向を向いて右側。
料金 2人部屋:1泊10ドル(円)/人
施設について シャワー・トイレ付き、ファン、タオル、石鹸。

港から徒歩5分もかからないところにある宿。
アシカを見るまで30秒とかからないし、立地はかなりよい。
部屋はファンがついていて、そこそこ涼しい。
キッチンはあるけど使わせてくれない。
まあ、全体的に悪くなかった。

総合評価:★★★★




【エクアドル・キト】  Hotel Sucre
場所 Bolival 615y Cuenca
サンフランシスコ広場沿いにある。
料金 2人部屋:1泊3.5ドル(円)/人
2人部屋:1泊4.5ドル(円)/人(バス・トイレ付き)
施設について 有料無線ラン、野良無線ラン、キッチン、情報ノート

キトの有名な宿。
1泊3ドルの宿として有名だったが、僕たちが行ったときは3.5ドルだった。
オーナーのホセさんはすごく友好的な感じ。
キッチンもついているし、安いし、はまる人ははまるかも。
赤道に行くなら歩いて10分くらいにあるLa Marin駅からがわかりやすくて便利かも。

総合評価:★★★




【コロンビア・イピアレス】  Hotel Colonial
場所 Carrera6 N10-29
イピアレスのメインロード。
二つの広場がこの道でつながっていて、
ピンクの大きな建物がある広場より。
料金 ダブル:1泊12000COP(円)/人
シングル:1泊8000COP(円)/人
施設について タオル、石鹸、テレビ、共用シャワーは電気でぬるい

メインロード沿いにあって、立地的にはかなり便利。
バスターミナルも歩いて10分くらい。
値段のわりに清潔な印象。
ラスラハスの教会に行くために1泊するだけなら安いし、静かだしいい感じ。
部屋は広くてベッドが2つあったり3つあったりするんだけど、
1つしか使わないと伝えると値段が安くなった。

総合評価:★★★★




【コロンビア・ポパヤン】  Hostel TRAIL
場所 住所忘れた・・・。
バスターミナルから歩いて10分くらい。
歩道橋を渡ってまっすぐ進むとある。
料金 ダブル:1泊20000COP(円)/人(シャワー・トイレ共用)
シングル:1泊24000COP(円)/人(シャワー・トイレ付き)
ドミ:1泊16000COP(円)/人
シングル::1泊28000COP(円)/人
施設について キッチン、朝コーヒー、無線ラン、タオル、石鹸、
DVDルーム、犬、ロッカー、シティーマップ

ポパヤンにあるオシャレホステル。
久しぶりのオシャレホステルでかなり快適だった。
日にちが迫ってなかったら確実に3泊くらいしていたと思う。
立地もよいし、スタッフも丁寧だし、かなり居心地がよかった。

総合評価:★★★★★




【コロンビア・ボゴタ】  Alegria's House
場所 Carrera2 09-46
同じ系列のAlegria's HouseとHostelがある。


料金 ダブル:1泊25000COP(円)/人(シャワー・トイレ共用)
ドミ:1泊16000COP(円)/人
施設について オシャレキッチン、朝食、無線ラン、タオル、石鹸、
DVDルーム、犬、猫、ロッカー

ボゴタのかなりオシャレなホステル。
値段は相場よりもちょっと高いけど居心地がよすぎた。
相場はだいたい2人で35000ペソくらいかな。
僕たちは南米最後だったので、せっかくだからと泊まってみた。
キッチンや宿の雰囲気がすごくオシャレで使いやすかった。
かなり気に入った。

総合評価:★★★★★



※1ボリビアーノ13円、1レアル50円、1ソル30円、500チリペソ84円で計算しています。